ご祝儀の相場と包み方

ご祝儀の相場について

結婚式に出席するにあたって必要不可欠なのが、ご祝儀、です。
ご祝儀の相場は2〜3万円といわれていますが、地域によってご祝儀ではなく、会費、として納める場合があります。
会費制が習慣の地域では金額が決まっていることが多く、ご祝儀より安い傾向があります。
因みに北海道では5000円程度といわれています。
親族の場合はさらに金額が多くなることが多いです。
これは結婚後の準備金などの意味合いも込められています。
親族が納めるご祝儀の相場は5万円〜10万円が目安です。

ご祝儀で注意したいところは、4と9という数字です。
日本は4と9の数字が縁起の悪いものとして考えていますので、金額やお札の数がその数字にならないように気を付けましょう。

ご祝儀の納め方

ご祝儀を納めるマナーとして、入れ物、もその1つです。
ご祝儀は、ふくさ、に包んで持っていくようにしましょう。
ふくさとは絹布を二枚合わせか一枚で風呂敷より小さい方形に作ったものです。
包まない状態でポケットやカバンからそのまま出さないように気を付けましょう。
ご祝儀は会場の受付で渡す場合が多いので、おめでとうございます、などの挨拶をしてからふくさを出して開き、ご祝儀袋に書いてある文字を相手側から読める方向にして両手で渡します。

形式上のことなので気持ちがあれば良いと思いますが、知っておくと周りから見られる印象が違いますので損はありません。
目上の人の結婚式ならば尚更マナーは必要だと思いますので、この機会に覚えておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ