結婚式にはどんな人が招待されるのか

招待状のマナー

結婚式のマナーは招待状が送られてきた時から始まります。
招待状は形式にとらわれていないものが多く、自由度が高いのですが、返信用のハガキは縦書きが現在のマナーとされています。
招待状の差出人が誰なのかも把握しておかなければなりません。
例えば、差出人が新郎新婦だと思って返事を書いたところ、実は両親だったということもありますので、差出人の確認をしましょう。

招待状は記載されている期限までに返事を送るのがマナーです。
期限を守るのは当たり前ですが、理想は2、3日以内に送ることです。
早めに返事をする理由は、席極めや料理、引き出物など開催側の準備が効率的に行えるからです。
新郎新婦は招待状の返事で人数を把握するので早めに返信用のハガキを送りましょう。

忙しくて式当日の予定が分からない場合

結婚式の招待状が届いたが出席できるかどうか分からない、という場合も珍しくありません。
結婚される時期は社会人がほとんどなので、当日に休みが取れるか、または時間の都合が付くか分からないことがあります。
その場合は予定が分かるまで返信を遅らせるのではなく、事情を説明した上で出席の可否が遅れると連絡しましょう。
連絡の基準としては数日から1週間ほどです。
招待状に記載されている返信期限は、期限を過ぎると準備に支障が出る基準ですので、やはり早めに返信するべきでしょう。

返信の書き方は筆や万年筆でも良いですが、慣れていないもので書くと汚い字になりかねないのでボールペンでも良いです。
ただし注意してほしいことは、黒のみで書いて下さい。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ