結婚式にはどんな人が招待されるのか

結婚式の招待は招待状を送られてからです。 このときからマナーが発生しています。 厳密に言えば返信のマナーです。 これは新郎新婦側が円滑に準備できるように配慮することと、差出人への配慮です。 出席しない場合でも返信マナーがありますので、知っておきましょう。

ご祝儀の相場と包み方

結婚式は基本的にご祝儀を納めなければなりません。 ご祝儀にもマナーがあり、ただ単にお金を出せば良いという訳ではなく、縁起や形式があります。 場合によっては失礼にあたりますので、最低限のマナーは知っておきましょう。 ご祝儀は気持ちも込めた贈り物です。

結婚式当日のマナー

結婚式の当日の招待ゲストは服装や余興など、気を付けなければならない点があります。 あくまで主役は新郎新婦ということと、場の雰囲気を壊さないように配慮しましょう。 特に余興は面白くしようと考えすぎた結果、ゲストが引いてしまうということも実際にありますので注意してください。

招待状が送られたときからマナーが発生する

結婚式は生涯でとても大切なイベントです。
結婚式に誰を招待するかの基準は曖昧で、決まっているものではありません。
招待される側も急に招待されてしまっては、どんな立場で招待されたのかで振る舞いも変わってきます。
友人として招待されたのであればカジュアルな形でも良さそうですが、親族や上司などで招待されたのであれば、ある程度のマナーを知っておかなければ恥をかいてしまうかもしれません。
結婚式の招待基準の線引きは難しいので、思いもよらぬ人から招待される可能性もあります。
招待基準は式を挙げる夫婦によるので、夫婦がどんな式を挙げたいのか先読みする必要があるのかもしれません。

結婚式の雰囲気の基準として、友人中心の式と職場中心の式、親族中心の式があります。
他に格式のある式もありますが、これは有名人や法人などいわゆる、お偉いさん、の式です。
一般的には報道陣が来るような式ではありませんので、先ほどの3つの式になります。
友人中心の式であればカジュアルなものになるでしょう。
職場中心の式であればビジネスライクなものになり、親族中心ならばアットホームな雰囲気です。
これらの式は雰囲気は違えど最低限のマナーは守りたいところです。
結婚式は20代後半頃から招待される機会が多くなり、祝儀による結婚式貧乏になることもあります。
意外に招待される機会が多いので、マナーを覚えておいても損はありません。
毎回恥をかかないように今のうちに知っておきましょう。